イベント・企画・出演依頼について

最新公演・イベント・講習会情報

フラメンコお役立ちコラム
フラメンコってなに?
日本フラメンコ協会facebook

Sponsors スポンサー

株式会社チャコットフリーウェイソニア・ジョーンズ株式会社ビデオ

第31回フラメンコ・ルネサンス21「新人公演」

選考結果速報

第31回 フラメンコ・ルネサンス21「新人公演」

奨励賞:カンテ部門(出演日、プログラム順表記)
奨励賞:ギター部門
  • 該当者なし
奨励賞:バイレ/群舞部門
奨励賞:バイレ/ソロ部門

話題賞:バイレ/群舞部門
  • 8/13(月)No.17 Kumamotoフラメンコボーイズチームolé

第21回新人公演 受賞者コメント

中里眞央

歴史ある賞に選出していただきありがとうございます。ずっと憧れ続けた賞を頂戴することができ、大変光栄です。フラメンコが好きでカンテを志しましたが、あまりの遠さに慄き、自分にはきっと無理なのだと拗ね、それでも何かを手にしたい気持ちで向かい合って参りました。スペインの空で育まれた言葉たちは重く降り注いできて、遠く離れた日本の私は立ち止まってしまうことばかりです。長い長い旅路の一歩目をやっとのことで踏み出す力をこの度いただけたのだと感じます。恵まれた環境に驕ることなくこれからも邁進いたします。踊り手としても歌い手としても変わらぬご指導をくださる鍵田真由美先生、佐藤浩希先生に心から感謝を。偉大なるギタリスト、アントニオマレーナイーホとその家族に最上級のOléを!

写真:大森有起

 

三枝雄輔

この度は、奨励賞を頂き大変嬉しく思っております。応援してくださる沢山の方たちのお陰です。特に、自分の活動の拠点としているオンラインサロンのメンバーの皆さまへは感謝してもしきれません。そして今回、伴奏で支えてくれましたエミリオ・マジャ。本番に向けての2人の日々が本当に本当に学び多きかけがえのない特別な時間でした。彼が教えてくれるフラメンコの真実、これからもっともっと勉強していきます。あと、本番前日にアドバイスをくれたディエゴ・ゴメスに、そして昨年の新人公演で伴奏して頂いたエンリケ坂井先生への感謝の気持ちも、ここで伝えさせて下さい。今後は更に真剣に、愛と尊敬と謙虚な気持ちと共に、フラメンコの研究を続けていきたいと思っています。そしてフラメンコ人としての在り方を常に気をつけ、日本人として、本物のフラメンコに近づけるよう日々努力してまいります。お母さん、いつもありがとう。

写真:大森有起

Las Mieles

コロナ禍の中、全員が健康で出演できた事で充分幸せでしたが、更に奨励賞という栄誉ある賞を頂けました事、本当に嬉しく思います。20代から50代までのバラエティ豊かなメンバー構成ですが、年齢差を超えた大きな絆と信頼関係で自分達の納得いく作品をあの舞台で踊れた事は本当に忘れられない思い出です。舞台で使用した椅子は練習でも使っており、練習毎に各自電車でスタジオに運んだ事も良い思い出です。舞台や照明使いの勉強の為に、皆でフラメンコ以外の踊りを観に行ったりもしました。そして群舞ならではの息の合った踊り、でもフラメンコであること、を目標に練習してきました。そんな私達をいつも支え、全力で指導して下さった篠田三枝先生には感謝の気持ちでいっぱいです。そして沢山のアドバイスを下さった有田さん、暖さん、麗子さん。素晴らしい衣装を作ってくれた坪井さん、本当に有難うございました。更に身を引き締め精進していけたらと思います。

写真:大森有起

和泉冴英香

この度は奨励賞をいただき、大変嬉しく思うのと同時に身が引き締まる思いです。この場を用意してくださった、日本フラメンコ協会関係者の皆様、選考委員の諸先生方に心から御礼申し上げます。尊敬するディエゴ・ゴメス、エミリオ・マジャ、三枝雄輔さん、たくさんの愛と素晴らしいフラメンコで支えていただき本当にありがとうございました。森田志保先生。高校生の頃から約10年間、フラメンコの大切なことを惜しみなく教えてくださいました。先生に出会えて、私は幸せです。いつもありがとうございます。今回出演するにあたり応援してくださった方々、いつも側で支えてくれているフラメンコの大切な仲間達、友人一人一人に心から感謝します。そして、フラメンコを始めるきっかけとなり、今日までいつも近くで応援してくれたママ。いつもありがとう。奨励賞を一つの大切な通過点と思い、これからもフラメンコと真摯に向き合い、楽しみ、頑張っていこうと思います。

写真:大森有起

伊藤千紘

この度は奨励賞を頂けたこと、大変驚いたと同時に、大変嬉しく思います。まずは、合わせの時から全力で支えてくれたディエゴ、西井つよしさん、三枝雄輔さんに心から感謝いたします。本番の舞台は広いですが、決して孤独ではありませんでした。それから、衣装を作って下さったアトリエプリマ様、開催に尽力下さった協会の皆様、いつも応援してくれるブレーニャの皆様、両親、全ての皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。そして、ここまで導いてくださった大沼由紀先生。真実を突きつけられる厳しいところに立つこと、その覚悟と身体を妥協なく鍛えてくださる師の下で、学べることはありがたい限りです。私はフラメンコを踊れるようになりたいです。それには時間をかけてこれからも、ずっとフラメンコというものを学び続けるのみだと思っています。今回の受賞を一つの励みに、引き続き地道に向き合っていきたいです。どうもありがとうございました。

写真:川島浩之

鈴木旗江

私は生きている。このシギリージャで生きていることを実感できました。チェマさんの歌、誠さんのギター、容昌さんのパーカッションと一緒に。姉が観に来ていて、多分両親も空から降りてきて集結。家族揃ったな、よし、中野ZERO、旗江が戻ってきたぞおおと、サリーダで心で叫んでました。応援してくれた友人生徒さんみえちん、これまで教示してくれた先生方に感謝はもちろんですが、やはり恩師鈴木眞澄先生、本番直後までこれでもかと指導してくださった稲田進お師匠に、、、熱く暑く、感謝いたします。田代さーーん、観てくれてたよね。”フラメンコお父さん”ありがとう!これからも見ていてね!

写真:川島浩之

林 由美子

この度は奨励賞という栄誉ある賞を頂き、誠にありがとうございます。新型コロナウイルス感染症対策を伴う3年ぶりの有観客公演。日本フラメンコ協会及び、運営スタッフの皆様、そして選考委員の諸先生方に心よりお礼申し上げます。今回も出演させて頂くなら「変わりたい」この一言でした。変わるのではない、変化。結果「変化となる」という表現でしょうか。そのために、どうしたらよいのか、どう向き合い、どう取り組んでいったらよいのか。悩み、試行錯誤の日々でした。この経験が掛け替えないものとなり、今後の私に大きく影響していくと信じています。この作品を作りあげていくうえで熱心に指導していただき、本番の舞台では全力で支えてくれた稲田進先生、ディエゴ・ゴメスさん、斎藤誠さん。振付・構成の見直し、当日ゲネプロの確認、トレーニング指導までしていただきました今枝友加先生。心響くアドバイスをしていただきました先輩方々、いつも応援、勇気と安らぎを与えてくれた友人達、何より協力し、認めてくれている大切な家族に心より感謝申し上げます。これを新たな出発点とし、真摯にフラメンコと向き合い、精進して参ります。本当にありがとうございました。

写真:川島浩之

鬼頭幸穂

この度は奨励賞という栄誉ある賞に選出していただき、誠にありがとうございます。日本フラメンコ協会の皆様、舞台関係の皆様、選考委員会の皆様に心より感謝申し上げます。 幼い頃から憧れのこの舞台への初挑戦。いつかは挑戦したいと思いながら、なかなか挑戦することができずにいた中、背中を押し前向きな気持ちにさせてくださり、また体調を気遣ってくださり、振り付けや構成、舞台の使い方を自分達のことのように一緒に悩んでくださった、嶽北慎二さん、福嶋隆児さん、出水宏輝さん、皆様がいなければこのソレア・ポル・ブレリアは完成しませんでした。また挑戦することを決めてから多方面で支えてくれた家族、フラメンコ仲間、友人、当日不安気な私を鼓舞してくださった、先生方、諸先輩方、誰一人として欠けても私は舞台に立つことすらままならなかったと思います。 またここから精進してまいります。この度は本当にありがとうございました。

写真:川島浩之

pagetop