イベント・企画・出演依頼について

フラメンコお役立ちコラム(Pregunta?)

ANIF設立30周年記念企画 2020年、2020人でセビジャーナスを踊ろう!
フラメンコお役立ちコラム
フラメンコってなに?
日本フラメンコ協会facebook

Sponsors スポンサー

スタジオマンサナフリーウェイ常磐音楽舞踊学院
今月の相談ごと

[Vol.2]フラメンコを始めるには?バイレ入門編

ANIFへのお問い合わせの中でも、「どこかいいフラメンコ教室を紹介して頂けませんか?」というお声を多くいただきます。今や全国に何百と存在するフラメンコ教室。カルチャースクールを含めるとその数は図りしれず、確かにその中から「どう選べばいいの?」と思われる方も多いでしょう。

そこで今回のコラムでは、“お教室選び”のポイントについて、ANIF広報普及部部長・本間牧子さんにお伺いしました。

お答えします!Contestación
バイラオーラ:本間牧子

バイラオーラ:本間牧子

もともとはギタリストでスタートし、後に舞踊に転向。マノレーテ、クリストバル・レイジェス、ジェルバブエナ等に師事。’93年カスタネットCD制作。本間三郎・本間静香とともに、本間フラメンコ舞踊研究所主宰。現(一社)日本フラメンコ協会理事。広報普及部部長。


1)まずフラメンコを始めようと思ったとき、どのようにお教室を探せばいいでしょうか?

始めに、基本的なところで「カルチャースクルール」と「フラメンコ教室」の違いを簡単にご説明します。

●カルチャースクール:レッスン期間が区切られていて、フラメンコの雰囲気などを体感するにはとても入りやすい環境。超初心者向き。

●フラメンコ教室:レッスン日や時間が決まっていて、レベルや内容に合わせて自分でクラスを選んで受講する形。入会・月謝制がほとんどですが、まれにチケット制度の教室もあります。レッスン日はだいたい週1~2、3日、クラスは入門~上級者クラスまであります。



まず「ちょっとフラメンコをやってみたい!」と興味を持った人にとって入りやすいのはカルチャースクールだと思います。それでも、カルチャーで始めた人が、講師の先生の魅力、フラメンコの深さに触れて、本格的に教室に通い始め、ゆくゆくはプロに…なんて人も結構いるんですよ。

また、教室の場合は、各教室によって内容や先生のカラーも全く違うので、まずは体験レッスンなどに参加してみるのがいいと思います。さらに今は「オープンクラス」といって、違う教室に通っている人でも、誰でも関係なく参加できるクラスを開講しているところが多いので、こちらに参加してみるのもいいですね。一度教室に通い始めたけれど、どうも自分には合わない…と思った人でも、違う教室の雰囲気を知ることができますよ。

2)レッスン時間はどれくらいでしょうか?また事前に準備するものなどはありますか?

レッスン時間は平均1時間~1時間半くらいが多いと思います。

用意するものは、フラメンコシューズ、稽古着(スカートなど)ですが、教室によってシステムが違うので、必ず事前に問い合わせてみてください。衣装やフラメンコシューズなどは、入会後に教室で購入できる場合もあります。

3)レッスン費用はだいたいどれくらい掛かるのでしょうか?

カルチャー、各教室によって違いはありますが、月謝制だと週1(月4回)のレッスンで、10,000円前後が多いようです。その他、ほとんどの場合、入会時には入会金が必要になります。また、単発やオープンクラスなどは1クラス単位でのお支払いも可能です。フラメンコ協会員割引など、特典を利用できる教室もありますよ。

4)年齢制限とかはあるのでしょうか?何歳からでも始められますか?

年齢制限はありません!よく体力を心配する声がありますが、「フラメンコが好き!」「やりたい」という気持ちがあればそれだけでOKです。また教室によっては、「シニアクラス」「ジュニアクラス」「子どもクラス」「親子クラス」などもあります。

5)男性でも習える教室はありますか?

もちろんあります。男性の先生もいますし、基本的な部分は男女一緒なので、どの教室でも受け入れてくれると思いますよ。

たくさんの中から選ぶのは大変ですが、とにかく一度自分の目で確かめてみて、自分にぴったりのお教室をぜひ見つけてください!

また、教室選びの際はANIFサイト内の「全国教室一覧」も参考にしてみてください!

 

 

バックナンバー

pagetop